エギング

「頭足類学を興す」裏側

2014.08.26

スポンサー広告


やればできるんです。
シンポジウムで急遽イカ拓を見せることになりました。
でも、よく考えるとずっとそのまま丸めて押し入れに入れてたのを思い出し、
和紙のイカ拓を額も無しで皆さんにお見せるのは失礼と思い
講演前日に急遽額作り(笑
行った先はメイクマン!!
あらかじめイカ拓の寸法を測って、
ベニヤ版と杉角材を買って、カットしてもらう(笑
拓を保護するのも必要ですけど、アクリル板だと高いしめんどくさいので、
テーブルに引く透明の厚いビニールを買う。
あっあと、釘も

寸法通りなので、釘を打つだけ、
イカ拓を張って、その上にビニールを張って、
ホッチキッスを180度開いて、叩いて止めるだけで完成しました。

2杯のイカ拓で大きく125×90でしたが、
トータル3000円以内、15分くらいで出来ました(笑
こんな簡単ならもっと前にやればよかった(爆
この日は僕の講演前日だったので、諸先生方の講演を聞き学びました。

そして憧れの日本で唯一の
イカの絵しか描かない画家
宮内裕賀
(みやうち ゆか)
さんと
お話しする事が出来ました。
僕もイカ変態と言われますが、
やはりイカ画家は、それ以上にもっともっとイカ馬鹿でした。
凡人の僕を超越してました。
シンポジウム初日の夜に懇談会

沖縄人の僕も初めての首里殿内
そうそうたる面子。
かなり金城。
いや!緊張。
僕が座ったテーブルには、
琉大 池田研究室の若きホープの杉本先生
横浜大の准教授の化石学の和仁教授
エギソン せいちゃん

大学の先生って、めっちゃ難しい事を言うんだろうなと思ってたら、
全然そんなことはなく、めっちゃ面白かったです。
特に化石学の和仁先生は沖縄の夜の事を
地元の僕らよりも詳しかったです(爆
僕らの席には、
北海道大の特任教授の桜井教授や
琉球大の池田教授や
ミネソタ大の中島准教授が来て、
釣り人が絶対に知らない烏賊の生態を教えてくれたり、
僕達釣り人が、
先生方が知らない現場の事を教えたりして、
お互いに情報交換しました^^
世界を代表する先生方と酒を交わし話が出来たことは
本当に僕にとっての財産です。
高校もろくにちゃんと卒業出来なった自分が、
大学の・・・・
それもその分野の権威な先生達と話が出来るなんて
本当にビックリです。
人生って何があるかわからない
本当にそう思えた時間でした。

烏賊様よ!
ありがとう!!


そしてこのシンポジウムに釣り具メーカーで唯一協賛してくださった

キーストンさん
本当にありがとうございますm^^m

KMET(ケーメット)

スポンサー広告

赤侍

「いいね!」かたじけない

シェアを賜ればこの上なき幸せでござる

蛙

赤侍 "Akasmurai"

沖縄を中心にモンスターアカイカ系アオリイカをショア、オフショア問わず狙うエギング&ディープエジングのエクスパート。
GTキャスティング、ソルトルアー全般までこなすマルチプレーヤーでもある。

キーストンフィールドテスター
沖縄スクイッドジャンキーズ代表

コメント一覧

  1. じゃがまる より:

    ゴールデンウィーク入りました(笑)。
    殿もいっぱい入ってましたね(爆)。

  2. 銀ちゃん より:

    入った!
    入った!
    俺たちのツボに入った!

  3. 赤侍 より:

    >じゃがまるさん
    入りまくりです(爆
    >銀ちゃんさん
    なんともお恥ずかしい^^;
    今度ナブラ撃ちの時に入らせてもらいます(笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサー広告

新着記事