エギング

我々の戦い

2015.12.11

スポンサー広告

この潮と狙いを定めて、少し早くチームメンバーのヤスと向かった。
駐車場に着き、先に着いてたチェ漢原国に声をかけて早速準備した。
キーストンエギ持った。
ウェーダー持った。
ライジャケ持った。
ヘッドライト持った。
ナイトオレンジ持った。
ロッド持った。
リール持ってない。。。

なんとリールを忘れてしまったのだ。。。。。。
最悪である。
我々、沖縄スクイッドジャンキーズ
釣果よりも大事なものがある。
『仲間を思いやる気持ち』
釣りが出来ない僕は
車で待っとくと言ったのだが、
チェ漢原国が、
『お前の家まで取りに帰ったら1時間以上かかるから、俺のリールを貸すから一緒に取りに行こう』
カリスマ理容師ヤスも
『僕2人が来るまで待ってますから』
何という温かい気持ちなんだ。
ありがとう。釣果じゃない!
仲間で釣りする事に意味があるんだ。
チェ漢原国のリールを借り、
ウェーダーに足を通し、
ヘッドライトを照らしながら、
とっくにジアイが過ぎている大海原の現場に我々は挑んだ。
必ず烏賊様は見ている。
必ず烏賊様は我々に会いにくる。
無言のまま我々は目線だけを時折合わせて、
烏賊様の気配を探り、海中の情報を共有した。
川のように流れてた潮が止まりかけた時にヤスに微笑んだ。

今季初キロアップ!
我々は肩を叩き合いながら、出会いに来た烏賊様に感謝しつつ歓喜した。
吐き出していた潮が止まり入ってくる潮に変わり
今宵の我々の挑戦は終わった。
前を歩く2人の背中が熱く優しく頼もしかった。
またみんなで行こう。
釣果なんかよりも大事なもの。
僕は新月の中に輝く眩いくらいの星達を見上げ
出会いの素晴らしさ
仲間の素晴らしさ
烏賊が出逢わせたくれた
イカリングの大事さや
かけがえのない第二の青春を思い
先に歩く仲間を追いつき、
肩を揺らしながら日常に向かい歩いた。

我々の挑戦はまだ始まったばかりだ。

赤侍ダービー2015
参戦者集う!!

スポンサー広告

赤侍

「いいね!」かたじけない

シェアを賜ればこの上なき幸せでござる

蛙

赤侍 "Akasmurai"

沖縄を中心にモンスターアカイカ系アオリイカをショア、オフショア問わず狙うエギング&ディープエジングのエクスパート。
GTキャスティング、ソルトルアー全般までこなすマルチプレーヤーでもある。

キーストンフィールドテスター
沖縄スクイッドジャンキーズ代表

コメント一覧

  1. まー君は反抗期 より:

    はじめまして♪初コメです(*´ω`*)
    いつも楽しくblogを拝見してます♪
    いいサイズのイカちゃんですね♪羨ましいです(;つД`)
    そう言えば、自分も遂にキーストンのエギデビューしましたよ!
    自分も、赤侍さんを見習って烏賊をビシバシと釣り上げてみたいと思います♪

  2. ブローアウト より:

    連れていってくださいヽ( ̄▽ ̄)ノ

  3. イニエスタ より:

    やっぱり烏賊はいいなぁ^o^
    今年の目標、キロアップ5杯!

  4. 赤侍 より:

    まー君は反抗期さん
    初コメ大変ありがとうございますm(._.)m
    赤侍ダービーもやってるのでよろしくお願いしますm(._.)m
    ブローアウトさん
    そういえば一緒に釣りした事無いね〜。
    そちらのホーム周辺行く時連絡します^o^
    イニエスタ君
    烏賊は最高だね^o^
    目標叶うといいね(^O^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサー広告

新着記事