エギング

キーストン エギシャープ その壱

2009.09.11

スポンサー広告

あまり沖縄ではお目にかかれないが
キーストン エギシャープ という餌木を知って欲しい!!
キーストン社は国内自社工場で
エギのあらゆるパーツ(ボディー・アイ・シンカー・カンナ)を
規格、開発、設計、デザイン、金型加工、実製品生産までを行っている。
数少ない会社だ!!
その技術屋が
エギング界に送り出したのが
安定した品質の量産が極めて困難な
[硬質発泡ウレタン]
という極めて特徴的な素材だ!!
そうなのだ!キーストン社が元祖硬質発砲ウレタンの餌木を作り出したのだ!

今現在多くのエギのボディーがプラスチック中空製ボディである!
プラスチック中空製ボディはコストが安くつくという点が最大のメリットでもあるため、
多用されている!
がしかし、水漏れなど感度の問題などある!
キーストン社は、エギングでは
センサーとも言うべきエギの感度が極めて重要と位置づけ。
極論を言えば、
「まだ触れてないイカの気配を感じる」ことさえ可能とする!
エギを開発した!
キーストン社では他にも
当時ローリングアイかひもが主流の時に
エギの動きをダイレクトに感じるにはSUS製のダイレクトアイが必要であると、
そしてモンスター対策の強度強化を目的に、
当時斬新ともいえるSUS製ダイレクトアイを開発した!

現在多くのエギがダイレクアイを多用しているが
キーストン社が元祖なのだ!!

キーストン社のエギシャープを
今季はぜひ!お試し下さいm--m
次記事は
浮力の魔術師
の由縁に迫るです!!
皆さんポチッと
ありがとうございますm--m

スポンサー広告

赤侍

「いいね!」かたじけない

シェアを賜ればこの上なき幸せでござる

蛙

赤侍 "Akasmurai"

沖縄を中心にモンスターアカイカ系アオリイカをショア、オフショア問わず狙うエギング&ディープエジングのエクスパート。
GTキャスティング、ソルトルアー全般までこなすマルチプレーヤーでもある。

キーストンフィールドテスター
沖縄スクイッドジャンキーズ代表

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサー広告

新着記事